[アイコス]電子タバコで禁煙できる!?[ニコチン]

電子タバコ

アイコスの大ヒットで、電子タバコに興味が出てきた人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、電子タバコの種類や仕組み、健康への影響や禁煙できるのかどうかなど、気になる点をピックアップして説明したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

加熱式とリキッド式(VAPE)

電子タバコ

電子タバコには、大きく分けて加熱式とリキッド式(VAPE)の2種類があります。

どちらも電気を使って温めるのですが、温めるものが違います。メーカーに寄って多少仕組みは違いますが、大雑把に言うと、加熱式はタバコの葉を直接温めるもので、リキッド式は液体を温めるものです。

最近日本で流行っているアイコスやプルームテックは加熱式で、海外ではリキッド式(VAPE)が主流です。

加熱式とリキッド式はどう違うの?


では、その2種類はどう違うのでしょうか。

禁煙グッズとして考えた場合には、ニコチンが入っているかどうかの違いが大きいです。加熱式=ニコチン入り、リキッド式=ニコチン無しです。

海外では、リキッド式でもニコチン入りのものがあるのですが、日本は薬事法の関係で販売されていません。個人輸入代行サイトを使えば日本でも購入できますが、種類の多さやメーカー・サイトの信頼性の確認の難しさなど、購入までの敷居が高く、おすすめはしません。

禁煙できるの?

禁煙マーク

タバコの代用品にはなりえる

飴

私も昔、電子タバコを使ったことがあります。2000円くらいの安物で、ニコチンは入っていない水蒸気がでるだけのタイプです。それを使った感じだと禁煙できるとはあまり思えませんでした。

ギャンブル依存の人が、家庭用ゲーム機でパチンコをしてもイマイチ満足感が得られないように、あくまでその場しのぎといった感じでした。安物なので、ニコチンが入っているわけでもなく、煙の量も少なかったです。

ただ最近は、アイコスなどの加熱式タバコのようにニコチン入りだったり、リキッド式だと色んな味が選べたり、煙の量が多いものもあったりと、吸っている感は自分が使った安物よりは出るみたいです。

喫煙者ならわかると思いますが、ニコチンが入っていたり、煙が出れば何でもいいっていうわけでもないので、一概には言えませんが試す価値はあると思います。

「魔の一本」と呼ばれる、禁煙中のふと吸いたくなった時などに、ニコチンの入っていないリキッド式などで紛らわすというのもアリかもしれません。(余計本物が吸いたくなる可能性もありますが・・・。)

加熱式は健康面にメリット、リキッド式は習慣を続けられる

火を付ける習慣

加熱式のメリットは、ニコチン入りなのでニコチンの離脱症状を我慢する必要がないこと。また、金額はそれなりなので金銭的メリットはそれほどありませんが、健康面や周囲への健康被害などの影響の少ないことも、メリットとして挙げられます。

リキッド式は、口さみしい時や手持ち無沙汰の時など、喫煙の習慣(タバコを吸う動作)はそのまま継続できます。ニコチンが入っていないので満足できるかどうかは別問題ですが、煙の量が多いものを選べば、吸っている感覚もそれなりに出るとは思います。

発がん性物質が出たってニュースで聞いたけど、健康被害はあるの?

疑問点

これには、諸説あります。

タバコの害と聞いて考えつくものはタールの影響によるものが多く、「がん」もその1つです。ニコチン入りの電子タバコには、タールが入っていない(これにも諸説あり)と考えられていますので、健康被害は少ないといえます。

アイコスを販売するフィリップ・モリスの発表ですが、従来のタバコより健康への悪影響は9割削減されているという情報もあります。

また、イギリスでリキッド式電子タバコ(ニコチン入り)が禁煙補助薬として認められた事実もあります。

健康被害との因果関係など、現段階ではなんとも言えないですが、知られているメーカーの製品を正しく使っているならば、そこまで気にする必要もないのではないかと思います。

発がん性の物質が検出された電子タバコについて詳しくは公表されていませんが、一部の電子タバコとなっています。個人輸入代行業者では、中国製の電子タバコの取扱いを中止する業者もありますし、安価で粗悪なものは使わないようにしたほうがよいかもしれません。

まとめ

タバコ青空

ニコチンパッチやニコチンガムなどの従来の禁煙補助薬は、ニコチンを取り入れ離脱症状を緩和しつつ、そのあいだに喫煙する習慣を無くして禁煙するという方法です。

アイコスなどのニコチン入り電子タバコでも、ニコチンを取り入れるので離脱症状は緩和されますが、習慣はあまり変わりません。

そういった意味で、タバコからアイコスへの乗り換えは可能かもしれませんが、禁煙となると少し遠い気がしないでもないです。

ただ、その分、始めやすいともいえますし、アイコスをやめられなくても健康への悪影響はタバコより少ないと考えられるので、それはそれでいいと思います。

自分に合ったやり方、合った製品をいろいろと試していけばよいのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする