[アイコスは?]アメリカで電子タバコの発火事故が多発する原因は?[韓国LG製?]

電子タバコ発火

米で電子たばこが発火、やけど負う事故相次ぐ 発火の瞬間とらえる(フジテレビ系(FNN))

Yahoo!ニュースより

カリフォルニア州フレスノで2016年12月21日に起きた事故のニュースです。

ポケットにしまった電子タバコが、突然熱を持ち発火、男性は手と足にやけどをしました。原因は、バッテリーであるリチウムイオン電池とみられています。

アメリカでは、電子タバコの発火による事故が相次いでいて、専門家が注意を呼びかけているとのことです。

もう一つ、

2017年1月14日、アメリカ・アイダホ州ポカテッロ市在住のAndrew Hallさんの口の中で電子たばこが爆発。歯を7つ失い 頬は2度熱傷と、大けがを負いました。彼は自身のFacebookで事故の状況を、生々しい写真とともに投稿しています。

「ギズモード・ジャパン」より

こちらはFacebookに生々しい写真が載せてあります。

これらの事故はなぜ起こったのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

電子タバコが発火・爆発した原因

メカニカルmodを誤った方法で使用していた?

結論から言うと、メカニカルmodを誤った方法で使用していたのではないかといわれています。

メカニカルmodは、いわゆるVAPEと呼ばれるリキッド式電子タバコの一つです。

2つ目の事故では、メカニカルmodを改造・カスタマイズしていたことがわかっているので、接続方法や部品の取り付けなどが間違っていた可能性もあります。

ちなみに、メカニカルmodって何やねん?という方は↓の動画をご覧ください。

※レギュレーテッドは、テクニカルmodとも呼ばれる電子制御の入っている電子タバコです。

オーセンティックは正規品、クローンは模造品のこと。

スタック、パラレルは、それぞれ直列回路、並列回路のことです。

動画を観てもらえればわかるように、自分で電気抵抗や電池容量、使う部品などを考える必要があるので、知識のない人が使えば危ないということがわかります。

そのぶん、わかるようになれば面白そうだなとは思いますが、とりあえず初心者のうちはメカニカルmodは避けるようにしたほうが良いでしょう。

爆発する原因について、もっと詳しく知りたい方は、下記のブログが参考になります。

【爆発事故!】メカニカルMODとハイブリッド接続の注意。 : 電子タバコ初心者のチラシの裏

日本で販売されているものは大丈夫?

アイコス・グロー・プルームテックもリチウムイオン電池だから危ない?

2度の事故で発火した箇所は、バッテリーとなるリチウムイオン電池です

リチウムイオン電池は、アイコスやグロー、プルームテックなどの加熱式電子タバコはもちろん、携帯電話やノートパソコンなど様々な電子機器に使われています。

リチウムイオン電池を使っているので、それらも同じように危険かというとそうではありません。

先ほど書いたとおり、発火・爆発したのはメカニカルmodといわれるタイプの電子タバコです。

メカニカルmodは電池を自分で選んで交換する必要がありますが、アイコスなどの加熱式電子タバコはすべて充電式になっています。

電池の種類や取り付け方法などは間違いようがありません。

リチウムイオン電池はそもそも爆発しやすいといわれているので、絶対に安全とは言い切れませんが、使用方法を守って使う分には危険は少ないと考えられます。

爆発したのは、LG製バッテリー

LG「HG2 INR18650」リチウムイオン 3,000mAh

LG HG2

2度目の事故で爆発したのは、韓国LG製の電池だったというのが発表されています。

LGの電池自体が悪かったのか、カスタマイズの仕方が悪かったのかはわかりませんが、あえて使う必要はないと思います。

ちなみに、アイコスやグロー、プルームテックなどの加熱式電子タバコはバッテリーの寿命がきた場合、本体をまるごと買い替えです。(およそ1年くらいが交換の目安)

VAPEでも充電式のものは、バッテリーの寿命が来たら買い替えることになります。

価格面で考えると電池だけ交換できたほうがいいですが、安全面を考えると初心者のうちは、電池交換式ではなく、充電式の電子タバコを使うのがよいでしょう。

中国製の電池が危ない?

先ほど紹介した動画では、ハッキリとは言っていませんが、中国製の電池は容量を実際より多めに表示しているという風に言っています。

もし、電池交換式の電子タバコを使用する場合は、中国製は避けたほうが良いかもしれません。

といっても、VAPE先進国は中国です。JoyteckAspireEleafKarmyなど多くの主要メーカーが中国の深センに本社を置いています。

中国製の電池や中国産のリキッドは、あまりいい噂を聞かないので避けたほうがいいですが、VAPE本体は中国製=悪いというわけではないのかもしれません。

まとめ

喫煙席

アイコス、グロー、プルームテックといった加熱式電子タバコは、正規の商品を正しい使用法を守って使えば、発火・爆発の危険は少ないと思われます。

気をつけなければいけないのはVAPE(リキッド式電子タバコ)で、中でもメカニカルmodと呼ばれるタイプのものです。

初心者の場合、慣れるまではカスタマイズや電池交換を必要とする電子タバコ自体をやめたほうがいいと思います。

まずは簡単な電子タバコからはじめて、必要なら徐々に知識をつけて色んな電子タバコに挑戦していけば良いと思います。

禁煙補助や紙巻きタバコの代替品として、注目されている電子タバコですが、使用方法やルールを守り、正しく使って、事故やトラブルを防ぎましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする