[タモリ]禁煙に成功した芸能人とその方法[松本人志]

パイポ

今回は、禁煙に成功した芸能人の禁煙方法をいくつか紹介したいと思います。

変わった方法から、王道まで、いろんな禁煙方法があるので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

芸能人の禁煙方法

禁煙セラピー

  • 松本人志(禁煙パッチと併用)
  • 清水ミチコ(禁煙パッチと併用)
  • 今田耕司
  • 品川祐
  • 椎名林檎
  • トミーズ雅・・・etc。

このサイトでもおすすめしている、アレン・カーの禁煙本「禁煙セラピー」で成功した芸能人です。

すべての禁煙方法の下地になる、といっても過言ではないです。

ただ松本さんは最近、葉巻を吸っているとの情報があります。またフットボールアワーの後藤さんは「アカン、このままでは(タバコを)やめてまう!」と思って、禁煙セラピーを読むのをやめたそうです。

禁煙外来(チャンピックスorニコチンパッチ)

  • 舘ひろし
  • スガシカオ?
  • 温水洋一
  • 糸井重里・・・etc。

禁煙外来のCMに出演していた、舘ひろしさんは禁煙外来で処方された薬チャンピックス(成分名:バレニクリン)で禁煙に成功しています。

スガシカオさんは、どれを使ったかは書いてませんが、禁煙補助薬で禁煙したようです。自身のブログでその体験を公開しています。

糸井重里さんは、禁煙外来でニコチンパッチを処方されて、禁煙に成功しています。

糸井さんも、ご自身のサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」で、体験談を公開しています。「おっぱい理論」という独自の禁煙方法についても語っているので、気になる方はご覧になってみてください。

病気

胸が痛い

  • 桑田佳祐
  • 吉田拓郎
  • 徳光和夫
  • 西田敏行・・・etc。

禁煙方法ではないのですが、病気になったことをきっかけに禁煙した芸能人もいます。

勝新太郎さんのように、病気になってもやめない人もいますが、ほとんどの人の場合はやめることになると思います。

できれば病気になる前に禁煙したいものです。

家族のため

母と娘

  • 野口五郎・・・etc。

野口五郎さんは、娘さんに言われてタバコをやめたようです。

子供ができた(奥さんが妊娠した)ことを、きっかけに禁煙するかたも多いです。自分が病気になるぶんには自業自得ですが、自分のタバコのせいで家族が病気になるのは絶対後悔するでしょう。

出家する

  • 清水富美加(千眼美子)

「出家する」は冗談としても、環境を変えることで禁煙できるというのはあると思います。禁煙するには、なるべく不要なストレスを感じない環境に身を置くことが大事です。

まあ、それができれば苦労しないという人も多いでしょうが、少なくとも自分なりのストレス解消法なんかはあったほうがいいでしょう。

針治療

  • 坂本龍一

ウェブサイト「OPENERS」で、坂本龍一さんの記事のひとつ「第9回 「禁煙」について言いきる」で言及しています。

そのほかの変わった禁煙方法

  • タモリ
  • 和田アキ子
  • 石田純一・・・etc。

タモリさんは、吸いたくなったら15秒我慢するという15秒禁煙法です。

ただ我慢するだけでなく、水を飲む・深呼吸する・歯を磨くなど、タバコを吸いたくなった瞬間に、別のことで気を紛らわせるのは比較的有効だと考えられています。

※タバコではありませんが、悪い習慣をやめる方法として、メンタリストのDaigoさんがニコニコチャンネル「メンタリストDaiGoの心理分析してみた」20秒ルールというのを紹介していました。(もとはハーバード大で心理学の講義をしていたショーン・エイカー氏の理論)

タモリさんの禁煙方法と近く、同じように禁煙にも使えそうなので簡単に説明したいと思います。

20秒ルールの方法は、やめたいと思っている習慣(タバコやテレビ、夜食など)をするときに、いつもより20秒余計に時間がかかるようにすることです。

ついテレビを見てしまうのをやめたいならリモコンを遠くに置くとか、夜の間食をやめたかったら買い置きしておかないとか。

タバコだったらベランダでしか吸えないとか、換気扇の下でしか吸えないというのは有効だと思います。だんだん面倒くさくなってくるので、禁煙したくなってくるはずです。

逆に良い習慣を続けるには、なるべく手間をなくし、すぐ始められるようにすることが有効です。

朝のランニングを習慣にしたいなら、ランニングウェアを着て寝るとか、勉強を習慣にしたいなら、教科書やノートを準備しておくとか。(0秒ルールとでも言いましょうか。)

20秒ルールで禁煙するついでに、何か新しいことにチャレンジするのもいいかもしれませんね。

和田アキ子さんは、吸いたくなったら他の人にタバコを吸ってもらい副流煙を吸って我慢するという方法です。

副流煙にも有害物質が含まれているので、万人におすすめはできません。しかし、自分でタバコを買う、持ち歩く、口に咥えるといった習慣はなくなるので、理にかなっているといえなくもないです。

石田純一さんは、「タバコなんてものは、この世に存在しない」と自己暗示をかけることで、禁煙に成功したそうです。

環境にもよるでしょうが、根性で「絶対に吸わない」と我慢するよりは、「存在しないから、吸えない」のほうが、精神的には楽なような気がします。

まとめ

周りの人(ファンの方)に、Twitterで宣言+我慢という根性論で、禁煙していた有吉弘行さんが、禁煙に失敗していたらしいです。

このことからも、根性で我慢する禁煙方法が、長く続きにくいことがわかります。

ただ我慢するだけでなく、今回紹介した芸能人の禁煙方法や、このサイトでおすすめする方法(チャンピックス+禁煙セラピー)などを試してみて、自分に合った一番ラクな方法で禁煙にチャレンジしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする