[頭が冴える]タバコに対する誤解を解く![ストレス解消]

こんにちは。お元気ですか?

禁煙は順調ですか?

冗談です。禁煙してたらこんなサイト見てないですよね。え?禁煙して5年・・・?

ラーメン屋の店主

冷やかしなら帰んな!!

・・・すいません。取り乱しました。

禁煙中のかたも、よかったら見ていってください。もちろんこれから禁煙を考えているかたは、タバコ吸いながらでもいいんで見ていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

タバコをやめるのにガマンはいらない

自然にやめるのが理想

タバコと作業員

禁煙する上で壁になるのは、精神的依存身体的依存です。

身体的依存はニコチン依存のことです。ニコチン依存になっている状態で禁煙しようとすると、イライラや眠気など離脱症状に苦しむことになります。

精神的依存は、仕事や人間関係でイライラしたから吸いたくなる、お酒の席で吸いたくなる、カッコいいから吸いたいなど、ニコチン依存と関係なしに吸いたくなる状態です。

禁煙する場合は、そのどちらもケアする必要があります。

そして、今回のタバコに対する誤解を解くというのは、精神的依存を脱却する気持ちを作るうえでもっとも大切だと言っても過言ではありません。

ちなみに禁煙する気持ちを作った状態というのは、

「禁煙がんばるぞー!!」

「オー!!」

でも、

「頑張って我慢するぜ!!」

でもなく、

「タバコ吸う意味なくね?てか、タバコ吸ってないやつら、めっちゃ楽しそうじゃん。おれらもあっち行こーぜ。」

「おう」

こんな感じです。これくらいが理想です。

頑張るとか我慢ではなく、あくまで自然に、自発的に禁煙するという状態です。

心配しなくても大丈夫です。タバコ吸ってないやつらはみんな良い奴ですから。あなたが望めば、みんな受け入れてくれます。むしろ、あなたが話しかけるのを待ってます。

みんなあなたと仲良くなりたいんです!

さあ!勇気を出して話しかけてみましょう!

さあ!恥ずかしがらずに!

なんの話でしたっけ?書いてたら、だんだんテンション上がってきて分かんなくなってきました。

まあでも、禁煙できない理由に、緊張した時とか人と話す時、食後や寝起きなどにタバコがないと不安だという人がいます。これらも全部、誤解ですから。タバコがあってもなくても一緒ですから!残念!!!切腹!!!

はい!!!それでは、タバコに関する誤解を解きましょう!フォーーーッ!!!

タバコに関する誤解

1.タバコを吸うと集中力が上がる

瞑想

気のせいです。

しいて言えば、ニコチンが切れてイライラしている状態から、ニコチンを摂取することでイライラなどの禁断症状が出なくなったためです。ニコチンには興奮作用はありますが、集中力を高める作用はありません

(ニコチンの禁断症状で)イライラして集中力低下

→タバコを吸う

→イライラしなくなった

→タバコを吸えば集中できる

これを集中力がアップしたと勘違いしているだけです。タバコを吸ってなければ、そもそもイライラしていません。

タバコを吸おうが吸うまいが、自分の実力以上の集中力はでません。

集中力を上げるためにタバコを吸う必要はないということです。

2.ストレス解消になる

ボクササイズ

なりません。

先輩に怒られた(1ストレス)

→禁断症状でイライラしている(+1ストレス)

→タバコを吸う

→(禁断症状のぶん)イライラが少しおさまる(-1ストレス)

→ストレス解消だ

ストレス解消になると勘違いしている原因の1つは、喫煙によってタバコを吸わなかった時間のイライラがなくなるためです

上の場合だと先輩に怒られたストレスは何も解消されていませんが、タバコの禁断症状はなくなったので、タバコを吸ったことでストレス解消した気になります。

2ストレスが1ストレスになったので、ストレス解消になったと勘違いしているだけです。

タバコを吸ってなかったらもともと1ストレスなので、タバコは無駄なストレスを増減しているだけです。

もう1つは、タバコ自体は関係ない場合です。例えば、先輩に怒られて喫煙所に行ってタバコを吸ってストレス解消になったとします。見方を変えると場所を変えて少し時間を置いたということです。タバコのあるなし関係なしにストレスを解消する行動をしています。

喫煙所に仲の良い友達などがいて愚痴を聞いてもらったなら、それもストレス解消になっています。

ストレスが溜まったら落ち着ける場所に移動して、時間を置いて、友人に愚痴を聞いてもらいましょう。そこにタバコは必要ありません。

3.リラックスできる

タバコを吸う女性

できません。

上の2つと同じで、禁断症状からの回復を勘違いしているだけです。むしろ、タバコが吸えずにリラックスできてない状態のほうが長いです。逆効果です。

食後の一服など、ちょっとリラックスしようとするときに、タバコを取り出すこともあります。気の進まない飲み会など、タバコを理由に席を外すこともあります。これも、タバコは必要ないです。

食後の一服は禁断症状が消えただけです。気の進まない飲み会では風に当たってくるとか言って席を外しましょう。

タバコを吸ってリラックスできることはありません。

4.タバコを吸うと頭が冴える

メガネの女性

タバコに含まれる一酸化炭素が、血液中のヘモグロビンと結合して、酸素の運搬を妨げます。酸欠状態になるので、頭が冴えることはありません。ニコチンにも血管を収縮させる作用があり酸素の供給量が少なくなるので、逆に頭がぼーっとする可能性が高いです。

久しぶりにタバコを吸うと、クラクラするのもそういった理由からです。

5.暇つぶしになる・間が持つ

砂時計

別のことしましょう。

1本3分で計算して1日1箱吸うとすると、毎日1時間の無駄です。

タバコを吸いながらできることもありますが、喫煙所を探す時間や移動する時間を考えたら、やはり時間の無駄です。

間が持つといっても、無言で座ってるのとタバコ吸いながら無言で座ってるのと、たいして変わると思えません。だったらタバコいらないでしょう。

まとめ

どうだったでしょうか。

「タバコ吸う意味なくね?」って感じになってきましたか?

それとも、「ふーん。まあ、言ってる意味はわかるけどなー・・・。(*´д`)y━~~~スパー。」って感じですか?

とりあえず、今はどっちでもいいです。少しずつ気持ちを作っていきましょう。

何度も言いますが、禁煙は気持ちづくりが大事です。なるべく素直な気持ちで、自然と禁煙できるように自分をもっていきましょう。

では、また(^.^)/

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする