禁煙パイポの・種類・吸い方・効果などをレビュー

1984年に一世を風靡したコチラのTVコマーシャルを知ってますか?

なつかしいですね。ご存じの方も多いと思いますが、この動画は1984年に発売された禁煙グッズ、禁煙パイポのコマーシャルです。

「私はコレで会社を辞めました」が1985年の新語・流行語大賞に選出されるほど話題になりました。

禁煙パイポは、ゴルフ用品を製造販売しているマルマン(当時はアルマンという子会社)から発売された、ロングセラー商品です。

最近では電子タバコ型の商品、電子パイポの販売もしていますが、今回は昔ながらの禁煙パイポをレビューしてみました。

よかったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

禁煙パイポ・レビュー

禁煙パイポとは

禁煙パイポ

禁煙パイポは、1984年にマルマン株式会社(当時はアルマン)から発売された禁煙・節煙グッズです。

ニコチンは含まれておらず、おもに禁煙・節煙のときの口さみしさを緩和するための商品です。

禁煙パイポの種類・価格

禁煙パイポ5種

禁煙パイポは現在、5種類が発売されています。

画像の左上から

  • お口スッキリパイポ(グリーン)
  • リラックスパイポ(グレープフルーツ味)
  • 禁煙パイポ レモンライム味
  • 禁煙パイポ ペパーミント味
  • ブラックパイポ ハードミント

です。

価格はすべて3本入り324円(税込)になります。

禁煙パイポの成分

禁煙パイポ袋

禁煙パイポは、

  • L・メントール
  • ペパーミントオイル

の2つがおもな成分になります。(種類によって若干違います。)

どちらも歯みがき粉やチューインガムなどに使われている成分で、人体への影響・害は少ないといっていいでしょう。

禁煙パイポの使い方

禁煙パイポ分離

キャップとフタを外して、吸うだけです。(フタはなくさないように、キャップに取り付けられます。)

使用しないときにキャップとフタを閉めることで、味を長持ちさせることができます。(使い方にもよるでしょうが、私の場合は1本で1日は普通に味が持ちました。)

禁煙パイポ吸い口

↑吸い口は上記のように細くなってます。(材質はプラスチック。)

本体の中には成分(香料)を含んだ脱脂綿のようなものが入っています。息を吸うことで、口の中にほのかな味(ミント系)が広がります。

禁煙パイポを使用した感想

禁煙パイポ長さ

↑大きさは普通のタバコと同じくらいです。

口の中に広がる味は、ミント系のチューインガムやフリスク(タブレット菓子)と似たような感じです。

ガムやフリスクを噛む・舐めるか、禁煙パイポを口にくわえて吸うかの違いです。

例えるなら、「吸うフリスク」、「煙の出ない電子たばこ」といった感じです。

吸う動作があるぶん、フリスクよりタバコ感は増しますが、本物を吸いたくなるリスクもあります。

煙が出ないぶん、電子タバコより気軽に使用できますが、物足りなさはあるかもしれません。

いちおう5種類のなかでオススメするなら、グレープフルーツ味かレモンライム味でしょうか。とくにグレープフルーツ味だと味がハッキリあるので良いと思います。

肝心の禁煙・節煙効果は、人や環境・状況にもよりますが、禁煙パイポだけだと厳しい気がします。(節煙なら可能かもしれませんが。)

ただ、ニコチン依存というより、口に何か咥えるという行為(口唇欲求)でタバコをやめられない人なら一定の効果はあると思います。

またニコチンガムなどの禁煙補助薬との併用が可能なので、うまく組み合わせて使用するのも良いかもしれません。

まとめ

リラックスパイポ

今回禁煙パイポを使ってみた感じだと、禁煙パイポはフリスクと電子タバコの中間という気がしました。

タバコに似せたことで、本物を吸いたくなるリスクもありますが、タバコ=赤ちゃんにとってのママのおっぱい・哺乳瓶という説もあるくらい、口に何か咥えるという行為は精神的に落ち着くとされています。

禁煙パイポもそういった意味では、禁煙のイライラを抑えるのに役立つはずです。

コンビニなどで手軽に購入できますし、一度試しに使ってみてはいかがでしょうか。

今回は楽天でまとめ買いしました。

Amazonだと、あわせ買い対象商品(合計2,000円以上で購入可能)です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする