[ハンドスピナー]禁煙による手持ち無沙汰を解消できそうな遊び![ルービックキューブ]

喫煙者のときにはそこまで意識しませんが、タバコって実は、”マ”を埋めるのにかなり役立っていたようで、禁煙すると手持ち無沙汰を感じる機会が多くなります。

ニコチン依存は大丈夫だけど、つい手持ち無沙汰を感じてタバコに手が伸びるという人も結構多いのではないでしょうか。

ということで、今回は手持ち無沙汰を解消できそうな遊びを紹介したいと思います。

遊びながら楽しく禁煙をはじめましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

禁煙による手持ち無沙汰を解消できそうな遊び

1.ルービックキューブ

こんなことを言われたら、ルービックキューブを買わずにはいられないでしょう。

ルービックキューブ箱

箱入りルービックキューブ。

というわけで、届きました。

ルービックキューブ攻略本

公式ガイドブック。

ガイドブックも一緒に購入しました。

ルービックキューブをタバコの代用品にする

ルービックキューブ完成形

タバコをやめられない理由のひとつとして習慣化が挙げられます。手持ち無沙汰を感じるときはこういうときです。

  • イライラしたとき
  • おいしいご飯を食べたあと
  • 寝起き
  • お酒・コーヒーを飲むとき
  • 山の頂上などの大自然で・・・etc.

ほかにもたくさんありますけど、「◯◯したら(されたら)タバコを吸う」という風に、毎回ある程度決まったタイミングで喫煙する瞬間が誰にもあると思います。

その「タバコを吸う」習慣を、ルービックキューブに置き換えます。

  • イライラした→ルービックキューブ
  • おいしいご飯を食べた→ルービックキューブ
  • 寝起き→ルービックキューブ
  • お酒・コーヒーと一緒に→ルービックキューブ
  • 山の頂上などの大自然で→ルービックキューブ・・・etc.

・・・

・・・難しい気がする。

まあでも、せっかく買ったので遊んでみます。

ルービックキューブの攻略法

スピード重視のLBL(レイヤー・バイ・レイヤー)法

LBL法はアメリカの当時17歳の女性が開発した解法で、スピード重視の解き方になっています。

手順は

  1. クロスを作る
  2. 完全1面を作る
  3. 中段の色を揃える
  4. 上面クロスを作る
  5. 上面を揃える
  6. 上面コーナー位置換え
  7. 上面サブキューブ位置換え(6面完成)

という流れです。

少しやってみましたが、難しかったので諦めました。

ツクダ式攻略法に挑戦

ルービックキューブを販売していた会社ツクダオリジナルが由来。

覚える手順が少なく初心者向け。

  1. 完全1面の完成
  2. 下段コーナーキューブの位置と向きを合わせる
  3. 完全2面の完成
  4. 中段サブキューブの位置と向きを合わせる(6面完成)

これならイケそうな気がします。

ルービックキューブ初期段階

手動で6面をバラバラに。

完全1面

まずは完全1面を目指します。

公式ガイドブックを見ながら、そのとおりにやっていきます。

コツとしては理屈を考えずに、本のとおりに動かすこと。将来的にはおそらく暗記ゲームですが、まずは何も考えずに本の真似をします。

1面完成

1面完成。

側面の色をまったく気にしてませんでしたが、とりあえず赤が揃いました。

完全1面は側面の上段(赤と隣り合う部分)の色も揃える必要があるので、これも本を見ながら揃えていきます。

完全1面が完成したら、下段コーナーキューブの位置と向きを合わせます。

最初よく意味がわかりませんでしたが、本を真似してやってみたら位置が合いました。

位置が合ったら向きを合わせていきます。

4隅にオレンジ

赤の裏面。4隅にオレンジを持ってきます。

理屈がわからなくても、本のとおりにすればできます。理屈はバラバラ→完成を繰り返すうちにわかってくるはずです。

次にオレンジを揃えて、赤とオレンジの完全2面を目指します。

本のとおりにやるのみです。

ルービックキューブ失敗

赤が崩れました。

あれ?

間違ったかな。

と思って調べたところ、

84ページ「手順C」の〔「入れたいサブキューブ」が右にある場合〕において、
5手目「右面を90度」および7手目「右面を90度」の矢印の向きが逆になっております。
本書をご利用いただいた皆様にはご迷惑をおかけして申し訳ありません。

というレビューをAmazonで発見。本を監修している日本ルービックキューブ協会のHPに載っているらしいです。

喫煙者時代だったら、イライラしてタバコを吸うところでした。

もうやめた!

ルービックキューブで小一時間遊んでみた感想

ルービックキューブの完成には至らなかったですが、また機会を見て挑戦してみようと思います。

ちなみに、あんまりルービックキューブで禁煙するっていう人の話を聞いたことが無いので、禁煙に効果的かどうかはよくわかりません。(モテるかどうかはなおさら知りません。)

理屈では、手持ち無沙汰が解消される、間が持つ、時間を潰せる(初心者の場合)という感じでタバコの代用にならないこともないような気がしないでもないです。

興味がある方はチャレンジしてみてください。

2.ハンドスピナー

2017年最大の注目玩具といわれる「ハンドスピナー」。

ハンドスピナー

米フォーブス誌の「2017年必須のオフィス玩具」という記事で紹介され、子供だけでなく大人もハマるおもちゃとして話題になっています。

ハンドスピナーはその名の通り、手の上で回して遊ぶおもちゃです。

それの何がおもしろいのかわかりませんが、禁煙にも効果があると聞いて実際に遊んでみました。

ハンドスピナーとは

ハンドスピナーの歴史

原型は1997年、フロリダ州に住んでいた女性キャサリン・ヘッティンガーさんが特許を取得した「スピニング・トイ」というおもちゃです。

「スピニング・トイ」は、重症筋無力症という筋力の低下を引き起こす病気の患者だった彼女が、娘と一緒に遊びたいという思いから開発した商品でした。

特許を取得し、おもちゃメーカーと商品化の交渉に当たりましたが、結局契約を結ぶことはできませんでした。

さらに、2005年には特許更新料400ドル(当時のレートで4,1000円~4,8000円)の支払いができずに、特許を失効してしまいます。(そのため大ヒットの恩恵を受けていません)

その後、各メーカーが開発を進め、2017年の大ブレイクとなったというわけです。

キャサリンさんは現在もご存命で「クラシック・スピナー」という商品の開発を新たにするなど、今も活発に活動しています。

特許を失効したことに落ち込んでいるかと思いきや、「私のアイデアが世界中に広まってうれしい」と前向きなコメントを残しています。

海外ではフィジェット・スピナー

ハンドスピナーは、海外ではフィジェット・スピナーと呼ばれることが多いそうです。

フィジェット(fidget)は、「そわそわする」、「もじもじする」といった意味です。

貧乏ゆすりなど、そわそわ落ち着かないときにする行動の代わりになる道具という意味合いで使われています。

同じような商品でフィジェット・キューブというのも話題になりました。

フィジェット・キューブはサイコロ型の玩具で、6面それぞれにボタンやダイヤル・スイッチなどが付いています。

ボタンやダイヤルなどに意味はなく、ただ押したり回したりして遊ぶおもちゃです。コチラもハンドスピナーと同じような効果が期待できると考えられています。

ハンドスピナーの遊び方

短いですけど動画にしてみたので、まずはご覧ください。(※音量注意)

手に持って、回すだけです。

床に置いて回してます。光を反射して、なんだかキレイです。

・・・なんか落ち着くかも。

Youtubeでいろいろ動画を見ると、色んな技みたいのもあるようです。

使ったのは、↑の商品。Amazonで500円程度で購入しました。

禁煙にも効果がある?

ハンドスピナーの効果として、集中力を増す、ADHDなど多動症の人を落ち着かせるなどがあるそうです。

実際に使ってみると、たしかに気持ちが落ち着く感じはします。

禁煙時、ニコチンの禁断症状によるイライラの緩和に効果があるかもしれません。

そして、手持ち無沙汰にも一定の効果はあるでしょう。

Amazonや楽天でも買える

チャイナポスト

チャイナポストです。

今回はAmazonで購入しました。

チャイナポストなので注文から到着までがやや遅いですが、値段は安く、製品自体に問題もなかったので良かったです。(Amazonのレビューを見ると、当たりハズレがあるようですが。)

ハンドスピナーポーチ

ケースに入ってました。

楽天でも取り扱いがあります。

ハンドスピナーでしばらく遊んでみた感想

はじめは何でこんなもんが流行っているのかわかりませんでしたが、実際に使ってみると何となく落ち着きますし、癖になる感じはありました。

禁煙によるイライラや手持ち無沙汰も、ある程度は解消できると思います。

ということで、手持ち無沙汰を解消するために試してみてはいかがでしょう。

まとめ

う~ん。

ルービックキューブはイマイチな気がしましたが、ハンドスピナーはイライラを抑える効果があるので、多少禁煙の役に立ちそうな感じはありました。

というわけで、興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。

今回は以上です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする