glo™(グロー)公式ウェブサイトがオープン!

※2017/6/16更新

グロー公式

グロー公式ウェブサイトはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

glo™(グロー)公式サイトリニューアルオープン!

2016年12月8日にオープンしたglo™(グロー)公式サイトですが、2017年6月14日にリニューアルオープンしました。

加熱式タバコglo™(グロー)7月3日より東京、大阪、宮城でも販売開始!
いち早く全国展開をはじめたアイコス、福岡限定販売だが互換性が手に入れやすいプルームテック。 仙台限定販売ということもあ...

上記の記事でも触れたように先日販売地域の拡大が発表されましたが、今回のサイトリニューアルでgloオンラインストアが新たにオープンしました。

gloをいち早く手に入れよう

これによりglo™購入専用コードをお持ちの方は、自宅からgloをご購入いただけます。

東京・大阪・宮城および隣接する地域の方は専用コードが不要に

7月14日から全15都府県(岩手、宮城、秋田、山形、福島、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山)にお住まいの方はglo™購入専用コードが不要になりました。

これからは対象地域の方であれば、いつでも購入可能になります。

注意点としては下記のとおりです。

  • 30日以内に一人につき1台
  • 支払いはクレジットカードのみ(デビットも可)
  • カラーはプレミアム・シルバーのみ
  • ネオスティックは東京・大阪・宮城で販売

本体のカラーは、青山(21日OPEN)・梅田・仙台にあるglo™ストア限定で、5色から選べるようになっています。(21日から販売開始)

シルバー以外の色が欲しい方は、glo™ストアまで出向く必要があります。

一番の注意点は、消耗品であるネオスティックの入手方法です。

[ネオスティックが]glo™(グロー)はまだ買うな!なんて言わないよ絶対[見つからない]
※2017年10月から全国販売を決めたようです。 またネットでネオスティックの販売をはじめた業者もあります。 ...

ネオスティックの販売は今まで通り東京・大阪・宮城のみで、オンラインストアでの取り扱いもないので、隣の県だとしても距離的に離れている場合などは、本体の購入は見送るのが無難でしょう。

対象地域外の方はオンライン購入にglo™購入専用コードが必要

glo™購入専用コードは、glo公式ウェブサイトのメンバー向けに配信されているgloメールマガジンなどで、ランダムに配布しているようです。

購入予定の方・興味のある方はglo™(グロー)公式サイトでメンバー登録しておきましょう。

身分証(免許証など)の認証があり多少時間が掛かるので、早めの登録をおすすめします。

ただ、やはりネオスティックがネックになります。本体があってもネオスティックがなければ使えないので、注意しましょう。

私のところにglo™購入専用コードのメールが送られてきたので、試しに購入予約してみました。

[ご注文商品明細]
商品名: glo プレミアムシルバー
単価: 4,980円
数量: 1
============================
小 計 4,980 円(内消費税等 369円)
送 料 450円

—————————-
合 計 5,430円

定価8,000円ですが、キャンペーン価格で4,980円になっています。(キャンペーンの期間は不明です。)

↓本体が届いたので、レビューしてみました。

加熱式たばこ「glo(グロー)」を非喫煙者が解説!吸い方から味・臭いまで
※6月15日移行に製品登録したメンバー限定ですが、オリジナルステッカープレゼントキャンペーン開催中です。先着順なので、欲しい方は早めに応募し...

また、gloオンラインストアでは7月3日からアクセサリーの販売やステッカースリーブプレゼントキャンペーンが始まるということです。

gloオンラインストア

詳しくはグロー公式ウェブサイトをチェックしましょう。

ネオスティックの通販は?

通販での取り扱いはしていません

アイコス専用たばこのヒートスティックと同様、公式ストアやコンビニ、たばこ販売店のみで販売です。

私の近所のコンビニではアイコス本体は見たことありませんが、アイコス専用たばこのヒートスティックは比較的良く見ます。

なので、東京・大阪・宮城および近隣の方なら、本体はあるけどネオスティックが買えないという心配はそこまでしなくてもいいのではないかと思います。

できれば、本体の購入前に近所のコンビニなどに行って、ネオスティックが置いてあるか確認しておけば確実です。

何度も言いますが、一番の注意点は東京都、大阪府、宮城県の三都府県以外ではネオスティックを販売しないことです。

ネオスティックを買いに行けないなら、本体の購入は見送ったほうが無難だと思います。

科学的に有害性を検証

科学的に確かめる

先日、アイコスが紙巻たばこより有害という記事が話題になりました。

その記事を書いたメディア自体の信頼性の低さや記事の内容を見る限り、記事の信憑性は低いですが、だからといって加熱式電子タバコが安全かというと現状では賛否両論あるのが事実です。

そういった状況に一石を投じることになるかわかりませんが、後日グロー公式サイトにてglo™が人体や環境に及ぼす影響を検証した結果が発表されます。

やっぱり紙巻たばこより有害でしたとはならないでしょうが、判断材料は多いに越したことはないのでこちらも楽しみに待ちましょう。

glo公式のLINEアカウントも開設

普段あまりメールを使わないというかたは、glo公式のLINEアカウントを追加しておくといいかもしれないです。

glo公式LINE

まとめ

アイコス、プルームテックに続いて、いよいよグローも販売経路拡大に向けて動き出しました。

最近では、受動喫煙防止条例の改正案の提出断念や加熱式電子タバコの安全性への疑問など、電子タバコの普及に待ったをかける状況もあります。

そのあたり各々が判断していくしかありませんが、紙巻たばこを続けるにしろ、禁煙するにしろ、電子タバコに乗り換えるにしろ、選択肢は多いほうがいいのは間違いないです。

全国普及はもう少し先になりそうですが、今回の三都府県および近隣地域に該当している方は購入を検討してみるのも良いのではないでしょうか。

グロー公式ウェブサイトはこちら

価格は高くなりますが楽天やAmazonなどでも買えます。

[楽天]glo™(グロー)の通販、相場や取り扱いサイトなど[ヤフオク]

対象地域以外の方は、様子見がいいかも!?

[ネオスティックが]glo™(グロー)はまだ買うな!?[見つからない]

グローと同じ加熱式タバコの、アイコスやプルームテックで、我慢するという選択肢もあります。

iQUS(アイコス)購入方法・値段まとめ

Ploom TECH(プルームテック)購入方法・値段まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする