[頭がよくなる?]Dr.苫米地の脱洗脳禁煙術[レビュー]

苫米地英人
1959年、東京生まれ。認知科学者(機能脳科学、計算言語学、認知心理学、分析哲学)。計算幾科学者(計算機科学、離散数理、人工知能)。カーネギーメロン大学博士(Ph.D.)、同Cylab兼任フェロー、株式会社ドクター苫米地ワークス代表、コグニティブリサーチラボ株式会社CEO、角川春樹事務所顧問、中国南開大学客座教授、全日本気功師会副会長、米国公益法人The Better World Foundation日本代表、米国教育機関TPIインターナショナル日本代表、天台宗ハワイ別院国際部長、財団法人日本催眠術協会代表理事。

苫米地英人公式サイトより

肩書きが多すぎて結局何をやってる人なのかよくわかってないんですが、とにかくスゴい人っぽい苫米地英人(とまべちひでと)さんの禁煙本「Dr.苫米地の脱洗脳禁煙術」を読みました。(この本だと肩書きは脳機能学者・カーネギーメロン大学博士です。)

内容についてネタバレしないように注意しながら、軽く感想を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Dr.苫米地の脱洗脳禁煙術をレビュー

Dr.苫米地の禁煙術

苫米地禁煙本の要点

  • タバコの真実を知る
  • 本物のタバコなら吸ってもいい
  • 身体的依存をずらす
  • 精神的依存の解決法
  • 頭がよくなる
  • Dr.苫米地式3ヶ月禁煙プログラム

脱洗脳というタイトルからもわかるとおり、まずはタバコの真実を知り、洗脳を解くところから本書は始まります。

なぜタバコに依存してしまうのか?、偽のタバコ・本物のタバコとは?、喫煙者はタバコ会社の金儲けに利用されている、などがテンポよく語られていきます。

若干根拠が希薄・真偽不明な部分はありますが、本筋を理解すれば問題ないです。

後半はどうやって禁煙するか具体的な方法が書かれてあります。

ニコチン依存の苦しみがゼロになる感じではなさそうですが、できると信じてきちんと実践できれば禁煙することも可能ではないでしょうか。

苫米地式禁煙法は理屈っぽい人向け?

苫米地本の帯

著者の苫米地さんが頭が良いということもあって、どちらかというと理屈っぽい・理系の人向けの禁煙本です。

また、この本自体は禁煙本というより雑学本みたいな感じでスラスラ読めるんですが、じゃあ簡単に禁煙できるかというとそう上手くはいかない気もします。

簡単に読めるぶん、へ~という感じで満足して終わってしまいそうです。

ただ、このあたりは私がすでに禁煙セラピーなどの禁煙本で、すでにタバコの洗脳から解かれているというのも理由としてあるかもしれません。

まとめ

タバコの洗脳を解く→具体的な禁煙方法という手順は、当サイトで推奨する手順と同じです。禁煙方法の部分は違いますが、この本に書かれている方法でも禁煙は可能だとは思います。

少なくとも根性でやめる禁煙方法よりは成功率は高いでしょう。

その上、本物のタバコなら吸ってもいいということなので、かなり敷居は低いです。(本物のタバコについては賛否両論あると思います。)

かなり読みやすいですし、雑学本みたいな感じで面白かったので、ガチじゃなくて、ちょっと禁煙に興味がでてきたかもくらいの人が気軽に読むというのもいいかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする