心理的依存を克服する!おすすめの禁煙本ベスト1!+その他

今回は、禁煙を成功させるために必ず読んでおきたい、おすすめの禁煙本を紹介します。

特に、

  • 禁煙するには根性が必要
  • 禁煙はいつまで我慢すればいいの?
  • タバコはストレス解消になる

みたいに思っている方は、ぜひ読んでみてください。私もそうでしたが、価値観が変わります。

ベスト1と書きましたが、ほかにも何冊か紹介するので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめ禁煙本ベスト1!

1.アレン・カー「読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー」

みなさんご存知の禁煙セラピーが栄えある第1位に選ばれました。

私もコレでタバコをやめました。(チャンピックスも飲みましたけど)

成功率90%超えで、芸能人の方も多数禁煙に成功したといわれるほど、人気+効果のある禁煙本です。迷ったら、禁煙セラピーを読んでおけば間違いないでしょう。

人気というだけあって、いくつか種類もあります。

↑マンガで読むシリーズです。

↑女性のための禁煙セラピーです。妊娠の項目などが増えています。

ほかにもイラスト版や、CD付き禁煙セラピーなどがあります。効果に大きな違いはないはずなので、好きなものを選んだら良いでしょう。

その他おすすめの禁煙本

磯村毅「吸いたい気持ちがスッキリ消える リセット禁煙」

名古屋大学医学部を卒業した磯村毅(いそむらたけし)さんが、開発した禁煙法が書かれた本です。

リセット禁煙=〇〇というように一言で表すのは難しいですが、タバコに関する知識(人体に与える影響や禁煙に失敗する理由など)を科学的に解明し、正しく理解することで、自然と禁煙できるような意識変化(気づき)が起きる禁煙法です。

ご本人も参考になさったと本で書いておられますが、禁煙セラピーにかなり近い考え方なので、禁煙セラピーが合わなかった方はコチラを読んでみるのをおすすめします。

↑「リセット禁煙のすすめ」という本もあります。コチラは未読ですが、内容的には同じだと思うので、好きな方を読んだら良いと思います。

「吸いたい気持ちがスッキリ消える リセット禁煙」を読んだ感想

「リセット禁煙」という言葉を聞くと、何か特別な新しい禁煙方法のように思いますが、内容はむしろ古い、というか堅実でした。

禁煙セラピーの考えを受け継いでいるので、どちらか読みやすい方を読んでもいいと思います。

読むときは、目次などから気になった箇所だけピックアップして読むのではなく、最初から最後まで我慢して読みましょう。そうすることで、だんだんと禁煙できるような気分に高まってくるはずです。(これはすべての禁煙本に言えます。)

苫米地英人「Dr.苫米地の脱洗脳禁煙術」

苫米地英人
1959年、東京生まれ。認知科学者(機能脳科学、計算言語学、認知心理学、分析哲学)。計算幾科学者(計算機科学、離散数理、人工知能)。カーネギーメロン大学博士(Ph.D.)、同Cylab兼任フェロー、株式会社ドクター苫米地ワークス代表、コグニティブリサーチラボ株式会社CEO、角川春樹事務所顧問、中国南開大学客座教授、全日本気功師会副会長、米国公益法人The Better World Foundation日本代表、米国教育機関TPIインターナショナル日本代表、天台宗ハワイ別院国際部長、財団法人日本催眠術協会代表理事。

苫米地英人公式サイトより

肩書きが多すぎて結局何をやってる人なのかよくわかってないんですが、とにかくスゴい人っぽい苫米地英人(とまべちひでと)さんの禁煙本です。(この本だと肩書きは、脳機能学者・カーネギーメロン大学博士)

苫米地禁煙本の要点

  • タバコの真実を知る
  • 本物のタバコなら吸ってもいい
  • 身体的依存をずらす
  • 精神的依存の解決法
  • 頭がよくなる
  • Dr.苫米地式3ヶ月禁煙プログラム

脱洗脳というタイトルからもわかるとおり、まずはタバコの真実を知り、洗脳を解くところから本書は始まります。

なぜタバコに依存してしまうのか?、偽のタバコ・本物のタバコとは?、喫煙者はタバコ会社の金儲けに利用されている、などがテンポよく語られていきます。

若干根拠が希薄・真偽不明な部分はありますが、本筋を理解すれば禁煙には問題ないでしょう。

後半はどうやって禁煙するか具体的な方法が書かれてあります。

ニコチン依存の苦しみがゼロになる感じではなさそうですが、できると信じてきちんと実践できれば禁煙することも可能かもしれません。

苫米地式禁煙法は理屈っぽい人向け?

苫米地本の帯

著者の苫米地さんが頭が良いということもあって、どちらかというと理屈っぽい・理系の人向けの禁煙本です。

また、この本自体は禁煙本というより雑学本みたいな感じでスラスラ読めるんですが、じゃあ簡単に禁煙できるかというとそう上手くはいかない気もします。

簡単に読めるぶん、へ~という感じで満足して終わってしまいそうです。

ただ、このあたりは私がすでに禁煙セラピーなどの禁煙本で、すでにタバコの洗脳から解かれているというのも理由としてあるかもしれません。

「Dr.苫米地の脱洗脳禁煙術」を読んだ感想

タバコの洗脳を解く→具体的な禁煙方法という手順は、当サイトで推奨する手順と同じです。禁煙方法の部分は違いますが、この本に書かれている方法でも禁煙は可能だとは思います。

少なくとも根性でやめる禁煙方法よりは成功率は高いでしょう。

その上、本物のタバコなら吸ってもいいということなので、かなり敷居は低いです。(本物のタバコについては賛否両論あると思います。)

かなり読みやすいですし、雑学本みたいな感じで面白かったので、ガチじゃなくて、ちょっと禁煙に興味がでてきたかもくらいの人が気軽に読むというのもいいかもしれません。

武本秀治「これでダメなら諦めなさい!一生モノの禁煙術」

東京都台東区上野にある、国内初で唯一という禁煙専門の鍼灸院・きんえん堂鍼灸院(はりきゅういん)。

そこの代表を務める武本秀治(たけもとひではる)さんの著書です。

タケモト式禁煙本の要点

  • タバコの仕組みをしる
  • 認知行動療法を禁煙に応用
  • タケモト式禁煙療法の流れ
  • 禁断症状対策
  • げんこつダイエット

坂本龍一さんが針治療で禁煙されたそうですが、鍼灸師+禁煙という珍しい組み合わせの著者が書いた本です。

巻末の参考文献に「リセット禁煙」と「禁煙セラピー」が挙げられていて、影響が随所に感じられます。

9つの禁断症状対策でニコチンの禁断症状を乗り越える

タケモト式帯

  1. キホンの舌甲法(呼吸法)
  2. イメージ増強法
  3. 耳のツボ応用法
  4. 指先のツボ応用法
  5. 手のツボ応用法
  6. こめかみ圧迫法
  7. 喫煙者ウォッチング
  8. 条件反射制御法ーキーワード・アクション
  9. げんこつダイエット

この本では著者が鍼灸師ということもあってか、ツボを使った方法などユニークな禁断症状対策が多いです。

最後の9つ目には、禁煙=太るという定説に対して、げんこつダイエットという対策が用意されています。

さらに、その9つの禁断症状対策は道具など一切使わないので、気軽に試せるというのも良いところでしょう。

「これでダメなら諦めなさい!一生モノの禁煙術」の感想

禁断症状対策にあるツボ(気分転換・リラックス効果など)やげんこつダイエットなどは、禁煙関係なく試してみたいと思いました。

タケモト式禁煙療法についてはこの本の説明で充分だとは思いますが、上野にある鍼灸院でDVDの販売や禁煙セミナーなども開催しているようなので、興味のある方はホームページをご覧になってはいかがでしょうか。

さいごに女性向けの禁煙本をいくつか紹介します

根がまじめで、急な変化にとまどいやすく、身近な存在に心を強くひかれやすい女性は、物事を理詰めで考える男性よりもはるかにタバコをやめにくい−−−−ふえる一方の女性スモーカーに対し、禁煙外来の医師が立ち上がった。女性ならではの感性に訴えかける方法を実践すれば、成功率はなんと80%! 書き込んで成功に導く「禁煙ダイアリー」付き。

Amazonの内容紹介より

女性の禁煙にはコツがありました! 今まで何度も失敗してるかたも、この本を読めばこんどこそ!彼氏やだんなさんがスモーカーの場合の対処法や、太らないための禁煙法、恐怖のタバコ顔から逃げる方法など、女性スモーカー必見の内容満載です。かわいいイラストやマンガも盛りだくさん!

Amazonの内容紹介より

美肌になって、お金も貯まる!あなたもきっと成功する、禁煙疑似体験コミックエッセイ!喫煙歴8年の美女子漫画家が、一念発起して禁煙に初挑戦!東京女子医大の禁煙外来、阿部先生の指導の下、スルメをかじりながら禁煙に成功するまでの一部始終を細かくレポート。

Amazonの内容紹介より

女性向けなので、私は読んだことがありませんが、面白そうなものをピックアップしてみました。

「女性のための禁煙セラピー」もありますし、女性の方は、女性向けの禁煙本を読むのが良いのではないでしょうか。

まとめ

禁煙は「心理的依存」と「身体的依存」の両方からアプローチするというのが基本です。

「身体的依存」は、ニコチン依存のことです。

ニコチン依存には、イライラや眠くなるなど、軽い離脱症状があります。

私の場合は、チャンピックスで克服しましたが、ほかにニコチンパッチやニコレットガムなどの代用品を使うことでも軽減することが可能です。(禁煙セラピーは代用品をススメていませんが、必要ならば使っても良いと思います。)

「心理的依存」は、習慣と言い換えてもいいです。

そして、禁煙するときに厄介なのは「身体的依存」よりも「心理的依存」といわれています。

その「心理的依存」に効果があるのが、禁煙本です。(正確には禁煙本を読んで、考え方を変えることが重要)

なので、はじめにも書きましたが、

  • 禁煙するには根性が必要
  • 禁煙はいつまで我慢すればいいの?
  • タバコはストレス解消になる

と思っている方は、今回紹介した禁煙本でも、別の禁煙本でも構いませんが、禁煙本をぜひ読んでみてください。

考え方を変えることができれば、禁煙はかなり楽になると思います。

ということで、今回は以上で終わります。

では、また。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする